卍(まんじ)って実は漢字。しかも画数6画ってまじ卍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タイトルがすべてですが。

ここ最近で個人的に一番の驚きと言っても過言じゃないのがこれ。

Manji

お寺の地図記号として使われ、数年前には「ナチスのシンボルに見える」と外国人の間で話題になり。

今はJKワードとして何故か注目を浴びている「卍(まんじ)」。

そんな「卍」、実はれっきとした漢字らしいのです。地図記号だとばかり思っていました。

 

しかも衝撃なのが書き方。画数がなんと6画

Manji kakikata

誰だよこんな几帳面に画数考えたの。

ちなみに、〆切の「〆」も漢字なのだそうです。(画数は1画)

この「えええ、これって漢字なの」という衝撃の感覚、「なんか子どもの頃にもしたことあるぞ」と思ったら。

 

学校で「凹凸」を漢字だと習ったときの衝撃と同じ。

以上、30年近く生きて初めて知ったトリビアでした。

 



社会人の常識漢字ドリル
語研編集部編
語研
販売価格 ¥1,008

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

このブログを書いている人

コメントを残す

*

CAPTCHA